トップページ


なんでもQ&A


最新の書き込み 過去ログ(651-699) 過去ログ(601-650) 過去ログ(551-599) 過去ログ(501-550) 過去ログ(451-500) 過去ログ(401-450) 過去ログ(351-400) 過去ログ(301-350) 過去ログ(251-300) 過去ログ(201-250) 過去ログ(151-200) 過去ログ(101-150) 過去ログ(51-100) 過去ログ(1-50)

0550 久保 雅雄 様
投稿日
2008/4/7(Mon) 15:43:52

お世話になります。PE基材をベースにし、表面にウレタンアクリレートのコーティング(50μ)をした床材のことですが、
これをコンクリート下地のトイレ内に、エポキシ系接着剤にて貼ってから、経過年数は不明ですが、その表面に黄変が
場所は不特定で部分的に散見されました。その変色の原因系を想定するに当たり、使用材料をレビューし、コーティング材
に関してはその原料成分のアクリルポリオールにはポリエーテルポリオール不純物有り、イソシアネートには芳香族系は使用されていない、
ヒンダードフェノール系酸化防止剤は使用されていない。この様に、消去法的な手順で追って行くと、コンクリート面から発生
すると仮定されるアンモニアによる酸化劣化が出で来ました。通常、特に、美術館などでは絵などの美術品劣化を
抑制する上で、アンモニア低減コンクリート(結晶化石材)が使用されています。今回の床材表面の黄変は、その部位は
コーティング層で起こっていたことを確認しています。この様な黄変に関し、前述しましたが、アンモニア酸化と
言う要因を引き出しましたが、ご見解を宜しくお願いします。

シプロ化成より
一般的にコンクリートの様なアルカリ系にOH基を含む添加剤を使用すると
黄変すると言われています。
添加剤の種類及び使用量により、黄変の程度、時間が違うと思われます。

0549 あっこ 様
投稿日
2008/3/27(Thu) 20:13:05

紫外線吸収剤(ベンゾトリアゾール系)により黄色く着色していたものが、
水銀灯やFOM、SWOMによって、黄色味が抜けてしまいました。
紫外線吸収効果はあるので、内部に残存しているとは思うのですが、
どのような現象が起こっているのでしょうか?
紫外線吸収剤の耐候性試験経時での状態変化について教えていただければと思います。

シプロ化成より
上記現象に関するメカニズムは良く割っておりません。

0548 佐野 光弘 様
投稿日
2008/3/27(Thu) 14:31:46

ブロー成形にてナチュラル色のポリエチレン製品に紫外線吸収剤を添加してますが暗所で長期保管しますと
黄変します。紫外線にあてますとまた元のナチュラル色に戻ります。このメカニズム
をお教え下さい。

シプロ化成より
ポリエチレンに限らずこの様な現象を良く耳にしますが、メカニズム及び
解決策に関しては良く分かっておりません。

0547 日比野 様
投稿日
2008/3/26(Wed) 14:24:00

お世話になります。
耐熱性ナイロンフィルムに添加される酸化防止剤は、ポリエチレン等によく見られるような粉状のブリードは発生するのでしょうか。
またブリードアウトするようであれば、それはフィルム表面の摩擦係数を低くしたり、帯電性を抑えるような効力を発揮することはありえるのでしょうか。
ご回答いただけますよう、よろしくお願いします。

シプロ化成より
酸化防止剤の種類及び添加量によりブリードアウトする可能性はあると思います。
摩擦係数及び帯電性に関しては知見がございません。

0546 田中 様
投稿日
2008/3/25(Tue) 17:33:38

 ベンゾトリアゾール(C6H5N3)を十数〜数十ppm含んでいる廃水(pHは中性)を下水に流しても良いのでしょうか。
処理しないといけないのであれば、どういった処理方法があるのか御教授願います。

シプロ化成より
ベンゾトリアゾール0.1%の水溶液はCOD=985mg/L、BOD=270mg/Lです。

0545 株 冨士商 野澤 様
投稿日
2008/3/15(Sat) 12:34:13

木材にフェノール樹脂またはポリエステル樹脂を注入している仕事をしています。
リグニンの酸化防止にシーソーブ101sが非常に有効なことが暴露試験でわかった
ので導入したいのですが、ルート(商社)がわからないので教えてください。
静岡県御前崎市上朝比奈1687 (株)冨士商 野澤

シプロ化成より
詳細は別途ご連絡させていただきますので、HP上の問い合わせコーナー
よりご連絡してください。

0544 潟Gール化成商事 様
投稿日
2008/3/5(Wed) 19:48:34

部下が塩ビ製タックシールのトラブルで頭を痛めております。
材料は塩ビ製のタックシートにUVオフセット印刷を行ってからPET製のホログラムフィルム
透明蒸着品(硫化亜鉛で透明蒸着加工品)でプリントラミ加工をしております。
シールの使い方としては屋外の重機に貼って管理するステッカーです。
起きている問題としましては表面のフィルムが剥がれてしまう現象です。原因究明を急がれていますがどんな原因が考えられますでしょうか?
塩ビのブリードでしょうか?紫外線での劣化でしょうか?硫化亜鉛と接着剤の化学変化でしょうか?何かヒントがありましたら是非教えてください。

シプロ化成より
誠に申し訳ございませんが知見はございません。

0543 山一株式会社:寺上 様
投稿日
2008/2/28(Thu) 21:31:15

お世話になります。
初歩的な質問で申し訳ないのですが、酸化防止剤と酸化窒素ガスはどのような状況
条件で反応を起こして変色するのでしょうか?
酸化防止剤の種類によっても変わると思うのですが、一般的にPEに入っている
ものとして考えております。

シプロ化成より
一般的フェノール系酸化防止剤はそのフェノール部分が着色の強い
キノンメチドあるいはスチルベンキノンに変化すると考えられています。

0542 佐藤 様
投稿日
2008/2/26(Tue) 14:03:49

こんにちわ。
透明光学用途に使用するUVAとHALSの添加量は一般的にどれくらいでしょうか。
またUVA、HALSの評価方法として耐候性試験以外に手軽にできる方法はありますか。
よろしくお願いします。

シプロ化成より
添加量としては両方合わせて0.1〜1.0%程度と思われます。
きちんとした評価を実施するには実曝が最適ですが、時間が
かかりますので通常は耐候性試験(キセノン)で評価します。
直接UVランプを当てる簡単な方法もありますが正確性にはかけると
思います。

0541 ハナザワ 様
投稿日
2008/2/19(Tue) 17:16:36

SEESORB612NHのようなNi錯体は一重項酸素のクエンチャーということですが、ラジカル重合の抑制剤にもなるのでしょうか?(連鎖移動中のラジカルもクエンチする効果を持つのでしょうか)

シプロ化成より
Ni錯体のクエンチャーは、たとえばポリマーが励起状態になった時に
エネルギーの低い安定した元の状態に戻す作用があると考えられています。

0540 化成商事 様
投稿日
2008/2/15(Fri) 18:59:50

銅箔と絶縁材を重ねプレスした銅張積層板を製品として取り扱っています。この製品を高温で長時間加熱すると変色が発生するのですが、このような場合の変色発生メカニズムについて教えて頂きたく。例えば銅箔表面の何がどのように変化して変色になるのかや、一般的に銅箔表面には防錆処理がされていますが、この防錆処理膜が変色するのか、それとも防錆処理下の銅箔にも何か変異して変色するのか等、お願いします。

シプロ化成より
変色(腐食)のメカニズムに関しましては技術資料がございますので
別途資料請求コーナーより資料請求をお願い致します。

0539 上田一郎 様
投稿日
2008/2/12(Tue) 20:06:35

硫黄系酸化防止剤(DSTDPやDLTDP)の分解安定性はどの程度でしょうか?
また、これらの硫黄系酸化防止剤が、直接、銅などの金属に付着した場合、
金属を腐食するようなことはあるでしょうか? 

シプロ化成より
DSTDP及びDLTDPの分解温度は300℃以上です。
これらとの接触にての金属腐食に関しましてはデータが
ないので知見がございません。

0538 山内 様
投稿日
2008/2/10(Sun) 21:33:53

はじめまして。
ウレタンアクリレートについて質問です。
人体に影響はないでしょうか?皮膚に付いたりとかアレルギーとか?
ご回答宜しくお願いします。

シプロ化成より
誠に申し訳ございませんが知見がございません。

0537 佐藤 様
投稿日
2008/2/7(Thu) 04:14:56

BTAは銅の表面にBTA第二銅の分子被膜を形成し、腐食抑制、変色防止、銅イオンの発生を防止します。
被膜は銅が酸化するよりも早くおきると思われます。

とありますが
酸性溶液中(pH 5程度)にBTAを溶解させ、その溶液に銅を浸すと溶液中への銅の溶解はあると考えられますか?
また、あるとすれば銅の溶解により、銅イオンとBTAが反応し、銅に付着するBTAの量が減少する可能性はありますか?

シプロ化成より
pH5程度(浸漬時間にもよると思いますが)であれば銅の溶解はないと
思いますが、実証はできていません。

0536 松山 様
投稿日
2008/2/2(Sat) 18:19:16

初めまして、今大学でHDPEのマテリアルリサイクルについて研究しています。
質問なのですが、HDPEの重クロロホルム、シクロへキサン、アセトンに対するそれぞれの溶解度をご存知でしたら教えて頂けないでしょうか?
また、HDPEについてUV、NMR測定を試みているのですが、良い溶媒はありますでしょうか?
(使用しているHDPEの分子量は285000になります。)
よろしくお願いします。

シプロ化成より
誠に申し訳ございませんが溶解度に関します知見はございません。

0535 古井 博之 様
投稿日
2008/1/25(Fri) 09:22:45

緑青について教えていただけませんでしょうか。
冷凍機のコンデンサー吐出側にて緑青が発生します。
発生原因について御教授ください。

シプロ化成より
緑青は空気中の水分、二酸化炭素、微量の二酸化硫黄、硫化水素等
で生成する炭酸水酸化銅、塩基性硫酸銅が主成分だと思われます。

0534 大学人 様
投稿日
2007/12/19(Wed) 16:02:28

こんにちは。
至急知りたいことがあります。
CO、CO2はどのようにして赤外線を吸収するのか、そのメカニズムを教えてください。

シプロ化成より
誠に申し訳ございませんが知見がございません。

0533 泉 紀男 様
投稿日
2007/12/7(Fri) 12:56:52

初めまして。
2001/11/26の書込みの貴社からの回答をみて、非常に関心を持っております。
同じような事例の黄変で困っているのですが、フェノール系酸化防止剤がスチルベンキノン→ジフェニルエタン化合物と変化する様子を化学式で教えてもらえませんでしょうか。

シプロ化成より
このコーナーで化学式の詳細が書き込めませんので、別途資料請求
コーナーよりご連絡下さい。

0532 仲村 様
投稿日
2007/11/29(Thu) 23:34:31

暗い場所に置いてある家電製品のプラスチックの変色の原因を教えてください宜しくお願いいたします

シプロ化成より
大気中のNOxガスや酸素による酸化劣化だと思われます。

0531 一井 様
投稿日
2007/11/27(Tue) 18:39:12

初めまして。ポンプ製造メーカーに勤めている者です。
PPのポンプ製品(市場で使用)で割れが発生、付着物の分析の結果重金属が何点か見られました。
過去ログで樹脂の劣化要因に重金属イオンが挙げられていましたが、そのメカニズムを簡単でも結構ですのでお教えいただけますでしょうか。
よろしくお願い申し上げます。

シプロ化成より
重金属が引きがねとなりPPの分子切断、分子架橋、カルボニル基や水酸基等
の生成により劣化すると思われます。

0530 野原 久雄 様
投稿日
2007/11/25(Sun) 02:10:29

100cc程度少量の正体不明の粉末が埋設されていました。ユンボで掘り起こしたら
空気中に散乱しました。バケットについた白い粉を水で洗うと路面に落ちた物を見れば
水に混ざって銀色に輝く水銀のような!!アルミ粉末のような色をしていました。
正体を教えてください!!有害!!無害!!処理方法は?


シプロ化成より
誠に申し訳ございませんが良くわかりません。

0529 旭ファイバーグラス(株) 様
投稿日
2007/11/23(Fri) 11:41:27

スチレン系エラスとマー(クラレ製セプトン、三菱化学製ラバロン)の暗所黄変、
耐候性を改良したい。
これら樹脂について、各メーカー出荷時に、既にフェノール系酸化防止剤等が入っていて、
暗所黄変に悪影響を及ぼしている可能性はありますか?
紫外線吸収剤の量を増やし、酸化防止剤の量を減らすと良いとある人に言われましたが、
推奨される配合、知見はありますか?
酸化チタンも一部暗所黄変の原因になると聞いたのですが、知見はありますか?

シプロ化成より
基本的には酸化防止剤の選択により改良できるのではないかと
思われます。(各メーカー様と相談なさってはいかがでしょうか)
紫外線吸収剤の量はあまり関係ないと思います。
酸化チタンの黄変に関しては知見がございません。

0528 山城 友幸 様
投稿日
2007/11/22(Thu) 09:33:53

シプロ化成担当者様

 お忙しいところ失礼いたします。
 中学校の実験でサリチル酸フェニルの再結晶をしているのですが。
生徒からサリチル酸フェニルの用途について以下の質問を受けました。
 @紫外線吸収剤として、サングラスなどにも使用されているのか。
 A330nm以下の紫外線を吸収とあるが、330nm以上の紫外線は
  吸収できないのか。
 B強い臭いがあるが、吸いこんでも問題はないのか。
もし、よろしければ詳しく教えていただきたいのですがお願いします。

シプロ化成より
@吸収波長が低いのでサングラスには使用されていないと思います。
A最大吸収波長は312nmですが、高濃度に添加すると350nm程度までは
 吸収します。
B有機合成品ですので基本的には吸い込まない方が良いと思います。

0527 坂本史希 様
投稿日
2007/11/22(Thu) 02:05:29

肌焼鋼を浸炭処理後(スケール付着のまま)、防錆の目的で、
燐酸皮膜処理(パーカーライジング処理)を実施した場合、
通常の灰褐色に皮膜処理される部分と
赤色に皮膜される部分が出て(色ムラ)、品質異常となり困っています。
浸炭熱処理の組織・硬さムラ等の検査、
パーカーライジング処理後の表面の成分分析を試みましたが、
色むら部分と通常部で大きな違いがありませんでした。
考えられる原因が何かあればアドバイスお願いします。

シプロ化成より
誠に申し訳ございませんが知見がございません。

0526 横田 真希 様
投稿日
2007/11/6(Tue) 16:24:03

シリコン材料の部品に接した水から異臭がするといわれました。
シリコン材料の部品を煮沸すると、官能評価では異臭はなくなったのですが、
ガスクロ等の定量評価で臭いが低減していることを調べたいのです。
この異臭は、どのような成分のものとかんがえられますでしょうか。
ご存知であればお教えくださいませんでしょうか。
よろしくお願いいたします。

シプロ化成より
誠に申し訳ございませんが知見がございません。

0525 けい 様
投稿日
2007/11/1(Thu) 18:16:18

銅の防錆剤としてBTAがありますが、反応機構としてBTAは銅自体と酸化皮膜を形成するのか、銅イオンと反応するのか教えてください。
またこの酸化皮膜ができる反応は、銅が酸化される反応よりも早くおきるのでしょうか?

シプロ化成より
BTAは銅の表面にBTA第二銅の分子被膜を形成し、腐食抑制、変色防止、
銅イオンの発生を防止します。
被膜は銅が酸化するよりも早くおきると思われます。

0524 カツイ 様
投稿日
2007/10/25(Thu) 09:06:26

基本的な質問で申し訳ありませんが、紫外線吸収剤がどのようにして、
紫外線をカットしているのか構造式の面から教えて頂けないでしょうか?

シプロ化成より
このコーナーでの説明はしにくいので、別途資料請求コーナーから
ご連絡いただきたく思います。
簡単な技術資料を送付させていただきます。

0523 村瀬 様
投稿日
2007/10/18(Thu) 16:03:11

アルキルアミンオキシドの入手方法を教えてほしいのですが。


シプロ化成より
詳細は分かりませんが、各界面活性剤メーカー様で取り扱って
いると思います。

0521 蒔野雄介 様
投稿日
2007/10/18(Thu) 10:19:35

ABS樹脂製品(顔料に酸化チタンを含む)の黄変が現場にて発生しているのですが、
原因としては何が考えられますでしょうか?個人的には顔料に含まれる酸化チタンが
何らかの影響を及ぼしているのではと考えております。
詳細内容は以下の通りです。

製 品 :ABS樹脂製で玄関扉の内側に取付くもの。(屋外ではない)
状 況 :製品の一部に黄変が発生。
調査結果:黄変部をアルコールで拭くと取れる
     日光に一日当てると黄変色が取れる。

シプロ化成より
誠に申し訳ございませんが、顔料及び酸化チタンの挙動に関する
知見はございません。

0520 橋本博之 様
投稿日
2007/10/16(Tue) 20:45:02

錆で困っています。
高温(170℃程度)の溶剤液中で、フリーのヨードが発生する環境の下、金属がさびてしてしまいます。
ベンゾトリアゾールの防錆剤で鉄は抑える事ができましたが、銅や亜鉛メッキにはあまり効果がありませんでした。なにか良い方法はないでしょうか?

シプロ化成より
ベンゾトリアゾールで銅よりも鉄の方が効果があるとの知見は初めてですが、
弊社ではベンゾトリアゾール系の防錆剤しか取り扱っておりませんので、
その他防錆剤に関しての知見がございません。

0519 吉岡 徹雄 様
投稿日
2007/10/15(Mon) 17:20:43

はじめまして
酸化防止剤を探しているのですが、金属以外のもので自らが酸化していき酸化を防止するものは
ありませんか?ご教授ください

シプロ化成より
基本的には有機化合物の酸化防止剤を検討すれば良いのでは
ないでしょうか。

0518 まさたか 様
投稿日
2007/10/15(Mon) 00:41:37

はじめまして
UV塗料を厚く塗ると表面が白濁するのはなぜでしょうか?
また白濁した表面の白い部分を、キムワイプやめがねクロス等でふき取ると
とれます。
白いものは何でなぜUVが厚いとでるのか教えてください。

シプロ化成より
表面に析出した成分の分析を行わないと何とも言えませんが、
まずUV塗料メーカにお尋ね下さい。

0517 上野 様
投稿日
2007/10/5(Fri) 01:05:33

はじめまして。宜しくお願い致します。
釣竿に使っている塗料(2液性ウレタン樹脂.エポキシ樹脂)に混ぜて使える
紫外線吸収剤はありますか?

シプロ化成より
誠に申し訳ございませんが塗料メーカーにお尋ね下さい。

0516 小竹 様
投稿日
2007/10/5(Fri) 00:24:09

有機物が還元剤になる理由を教えてください。
金属が還元剤になる理由も!

シプロ化成より
還元剤とは他の物質に電子を与え自らは酸化される物質です。

0515 湊 健一 様
投稿日
2007/10/4(Thu) 16:10:16

ベンゾトリアゾール、トリアジン、ベンゾフェノン系紫外線吸収剤のアルカリ成分に対する黄変のメカニズムについて、ご教授していただきたいのですが、よろしくお願いします。

シプロ化成より
単純に水酸基がアルカリ塩化され黄色くなると考えております。

0514 斉藤 様
投稿日
2007/10/3(Wed) 10:51:06

フェノール系酸化防止剤は酸素が共存していないと効果を示さないという知見が得られましたが、
沸騰条件下においては効果は示さないのでしょうか。また、このような条件下においては窒素雰囲気下でも
効果を示す重合禁止剤が適しているのでしょうか

シプロ化成より
誠に申し訳ございませんが知見がございません。

0513 林 孝也 様
投稿日
2007/9/29(Sat) 10:22:54

一般にエタノールを濃硝酸で酸化すると酢酸が生成する。と言われていますが
実験ではNO2ガスの発生とアセトアルデヒドの生成止まりで酢酸まで酸化していない様ですがどうしてですか。

また、この反応でシュウ酸が生成するとのお話を聞いたのですがどんな機構が考えられますか。
もし触媒が使用されるとしたらどんな物ですか。
是非お教え下さい。楽しみにしています。

シプロ化成より
誠に申し訳ございませんが知見がございません。

0512 岸本 様
投稿日
2007/9/27(Thu) 20:16:29

ギヤ表面に燐酸マンガン処理を施している物があります。
表面の状況を確認するため、傷つけることなく処理皮膜
を除去したいのですが、よい方法ないでしょうか?

シプロ化成より
誠に申し訳ございませんが知見がございません。

0511 加藤勝之 様
投稿日
2007/9/21(Fri) 12:40:47

スチレン系樹脂であるAES樹脂は耐候性良好で、サンシャインウェザーメーター1000HRでも変色(黄変)は小さいのですが、試験開始直後から600HRぐらいまで一旦白く変色(退色?)し、徐々に黄変します。
一旦白くなるのメカニズムがわかれば教えてください。
この白くなる現象は、ABS樹脂でも起こります。ABSは耐候性が悪く200HRぐらいで黄変しますが試験直後では一旦白くなります。)
また、紫外線吸収剤/酸化防止剤を添加すると白くなる現象は強く、長くなります。

シプロ化成より
詳細な知見はありませんが、初期に退色(白)する場合は添加剤
がブリードアウトして起こる事例があります。
また、一旦着色してから元に戻る場合もあるようです。
上記メカニズムは良くわかりません。

0510 ウエハラ 様
投稿日
2007/9/21(Fri) 09:48:13

染料(色素)の劣化試験で、硫酸銅水溶液中に銅と色素を混合させ、
色素の劣化を調べる試験が有るみたいですが、上記の方法とは別に銅を含有する水溶液中で
染料の劣化を調べる方法はありませんか?

シプロ化成より
誠に申し訳ございませんが知見がございません。

0509 尾島誠一 様
投稿日
2007/9/15(Sat) 17:15:26

防錆剤について質問です。
欧米のマーケットではベンゾトリアゾールより
トリルトリアゾールが主流と聞きます。
安価で性能がいいはずのトリルトリアゾールは
日本ではほとんどその扱いがないようです。
今後もベンゾトリアゾール中心なのでしょうか。

シプロ化成より
過去はトリルトリアゾールが安価であったため、多く使用さるように
なっていると思います。
現在では量製品大きな価格差がなくなっているため、ベンゾトリアゾール
の使用が多くなっていると思われます。

0508 上田一郎 様
投稿日
2007/9/14(Fri) 10:43:38

ポリエチレン(LDPE)製の製品の表面が真っ白になり、
付着物を調べると硫黄系酸化防止剤(DSTDP)のブリード
であることが確認されたのですが・・・
(1)硫黄系酸化防止剤とPEとの相溶性はあまりよくないのでしょうか?
(2)ブリードを引き起こす原因として、PEとの相溶性以外に何か考えられるでしょうか?
   例えば、ある特定の添加剤が含まれると、相溶性に影響がでるとか?
(3)フェノール系の一次の酸化防止剤との併用系で、二次の酸化防止剤が
   ブリードアウトした場合、耐熱性・耐光性に関し著しい機能低下が
   起こると考えた方がいいでしょうか?

シプロ化成より
(1)相溶性は悪くないと思います。
(2)他の添加剤との相溶性に関しましては知見がございません。
   その他としては添加量が多すぎる事が考えられます。
(3)2次酸防だけがブリードアウトした場合は併用効果が少なく
   なると考えますが、一時期に全量ブリードアウトすることは
   考えにくいので、著しい機能低下はすぐには起こらないと
   思います。

0507 岡田将宏 様
投稿日
2007/9/11(Tue) 17:23:30

初めてご質問します。
浴室の入り口のドアの樹脂のハンドル(PA6製)がピンク色に変色
してしまいました。
色々と拝見すると酸化防止剤とピンク変色の関係が深いようなの
ですが、浴室で使用されているシャンプーや洗剤などでピンク色に
樹脂を変色させるような作用のものはあるものでしょうか。

シプロ化成より
ハンドル樹脂にどのような添加剤が配合されているかが分かりません
のでなんとも言えませんが、どのような環境でも変色する可能性は
あると思います。

0506 杉山 正秀 様
投稿日
2007/9/11(Tue) 14:40:34

海外にて梨地の原反を使用し袋を作りましたが、今年の暑さのせいか黄変している商品が出来てしまいました。
原因として考えられる事は 高温 多湿 他何が考えられるのでしょうか?
また原反のグレードによって黄変なりにくいもの 成りやすいもの等 有るのでしょうか?
教えて下さい。

シプロ化成より
原因として他には重金属イオン、酸素、光、NOxガス等が考えられます。
詳細は分かりませんが原反のグレードにも関係するかもしれません。

0505 新井 様
投稿日
2007/9/7(Fri) 13:43:28

SB701の300、350nm付近の波長がそれぞれどの部位にあたるものか、
またキノン化合物になった場合、それはどの程度影響を受けるのか
(シフト、減衰など)御教授下さい。
樹脂中での長期使用の場合、飛散・抽出とUVA自体の変化、どちらを
考慮すべきでしょうか(分子量にもよると思われますが)。

シプロ化成より
300nm付近は置換基が付いていないベンゼン環の吸収、350nm付近は
OH基とNとの水素結合の吸収と思われます。
ベンゾトリアゾールは一般的な状況ではキノン化合物にはならないと思います。
樹脂中の長期使用時は揮発の方が大きいと思われます。

0504 新見 様
投稿日
2007/9/4(Tue) 14:18:16

アスコルビン酸(ビタミンC)を脱塩素に使用した際の人体への影響

アスコルビン酸(ビタミンC)は、ph4以上ではシュウ酸まで酸化されると聞いています。
生成物のシュウ酸又はシュウ酸カリウムは、皮膚に対する毒性として、シュウ酸カリウム液を長期間扱ったヒトの指に閉塞性動脈炎が見られる。ラットの尾およびウサギの耳を2.5および5%シュウ酸又はシュウ酸カリウム溶液に浸すと皮膚の赤化と閉塞性動脈炎が見られると資料で読みました。
脱塩素にアスコルビン酸(ビタミンC)を使用するシャワーヘッドなども市販されていますし、「浴槽にも入れると脱塩素に効果的」とサイトなどに書いてありますが、人体への影響はないのでしょうか。

シプロ化成より
誠に申し訳ございませんが知見がございません。

0503 美佐子 様
投稿日
2007/9/2(Sun) 20:50:24

ポリカーボネートとポリビニルピロリドンのモノマー・ポリマーの化学式、製法をそれぞれ教えてください!!

シプロ化成より
誠に申し訳ございませんが生産メーカーにお尋ね下さい。

0502 サトウ 様
投稿日
2007/8/25(Sat) 22:40:56

ポリプロピレンのモノマー・ポリマーの化学式、
ポリプロピレンの製法、
ポリプロピレンの性質、
ポリプロピレンの用途 を教えてください。

シプロ化成より
モノマーはプロピレン CH2=CHCH3
ポリマーは -[CH2-CH(CH3)]n-
製法は多種ありますが、有機アルミニウムとチタン触媒による重合
性質は密度が小さく、機械的性質が良い事。
用途は日用雑貨、台所用品、自動車及び機械部品等様々です。

0501 値元 様
投稿日
2007/8/15(Wed) 23:22:31

0452の質問で「ベンゾトリアゾールを水酸化ナトリウムで塩にする」
という書き込みがありました。
調べてみるとベンゾトリアゾールナトリウム塩はーNH基のところがの
プロトンがNaに置き換わるようなのですが、NHは共有結合なので、
HがNaに置き換わることはできないのではないでしょうか?

シプロ化成より
弊社でも電子論的にどのような説明がつくかは良くわかりません。

Q&A PAGE v2.0 SHIPRO's HOMEpage